横浜が住みたい街ランキング2019年1位!人気の理由や魅力を調査

元町中華街に山下公園、大さん橋など、観光スポットが多くデートにも最適な街、横浜。神奈川県の中心都市として、歴史や文化が残る魅力ある地域の1つとして知られています。

この記事では、「住みたい街ランキング」で1位を獲得した横浜について、人気の理由や魅力ついて徹底リサーチしていきます。

1.2年連続で横浜が1位「住みたい街ランキング2019」

不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」が公表した調査によると、「住みたい街ランキング2019」では横浜が後続に大きな差をつけて第1位を獲得しています。

1位:横浜/1211点

2位:恵比寿/871点

3位:吉祥寺/774点

4位:大宮/567点

5位:新宿/551点

参考:SUUMO「関東 住みたい街ランキング2019」

2018年に堂々の1位を獲得している横浜が、2年連続で「住みたい街」トップに選ばれました。日本で最も人口が多い市としても知られており、人気の観光名所も豊富。全国から訪れる観光客や外国人観光客を合わせれば、日本トップの人口を誇る都市です。

2.神奈川の都市「横浜」人気の理由とは

横浜がこれほどまでに人気を誇っているのはなぜなのでしょうか?

2-1.おしゃれな街並み

古来より横浜は、外国と日本をつなぐ港町として栄えてきました。歴史的な建物や異国情緒あふれる街並みが残り、おしゃれな街として人気が集まっています。横浜のシンボル的存在のランドマークタワーや大観覧車、赤レンガパークといった場所は、特にきれいな夜景が楽しめるおすすめスポットです。

加えて、三溪園や山下公園をはじめとする緑豊かなスポットがあることも横浜の魅力。
中華料理店を中心にグルメスポットも多く、街歩きに最適なエリアとなっています。

2-2.交通アクセスがいい

横浜中心部にある横浜駅は、地下鉄を含めて10路線が乗り入れる国内でもトップクラスの規模を誇るターミナルステーションです。新宿駅や渋谷駅など、東京の主要駅に電車1本でアクセス可能なことが人気の理由です。若い社会人を中心に、ホームタウンとして選ばれ続けています。

勤務先が都内にあるサラリーマンからすれば、洗練されたおしゃれな街に住まいを構え、アクセスのいい電車で通勤する…ということが、ワークライフバランスの実現に一役買ってくれているのではないでしょうか。

3.横浜の魅力的な観光スポット

続いて、横浜にある魅力的な観光スポットをエリア別に取り上げていきます。これからご紹介する場所以外にも、

・小さなお子様も楽しめる遊園地「よこはまコスモワールド」
・絶景ビューを満喫できる「港の見える丘公園」
・入園無料のおすすめ動物園「野毛山動物園」

など、横浜には楽しめるスポットがたくさんあります。

3-1.横浜中華街

横浜の観光名所といえば、日本最大のチャイナタウン「横浜中華街」です。
中華街への出入り口はいくつかありますが、そのすべてに豪華な門が設置されているのが特徴的です。一歩門をくぐれば、中華料理店を中心にさまざまなお店や施設が目に入ってきます。

肉まんやソフトクリームを買って食べ歩きするのも楽しいですし、本格中華料理を味わうのもおすすめ。お土産屋さんも豊富で、日本全国から観光客が集まるスポットとなっています。
山下公園も中華街から近い場所にあり、食後のデートコースとしても人気です。

住所:神奈川県横浜市中区山下町
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩1分
営業時間:店舗による
詳細HP:https://www.chinatown.or.jp/

3-2.横浜ランドマークタワー

横浜のシンボル「横浜ランドマークタワー」。
特徴的な外観の高層ビルで、地下フロアには飲食店を中心にさまざまなテナントが入っています。69階には展望台「スカイガーデン」があり、横浜の街並みを一望することが可能です。天気が良ければ富士山も見えます。

ランドマークタワーには「クイーンズスクエア」が隣接しており、こちらもファッションショップや雑貨屋さん、飲食店などが豊富に入っています。地下鉄「桜木町駅」から動く歩道を使ってアクセスすることもできますし、みなとみらい線「みなとみらい駅」からエスカレーターを利用してアクセスすることも可能です。

みなとみらい駅周辺には、大型ショッピング施設「マークイズみなとみらい」や、横浜美術館もあります。イベントが開催されている日は非常に混雑する人気スポットです。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
アクセス:JR「桜木町駅」徒歩5分/みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩3分
営業時間:ショッピング11:00~21:00/飲食店11:00~22:00
公式HP:http://www.yokohama-landmark.jp/

3-3.横浜赤レンガ倉庫

横浜の観光スポットで「横浜赤レンガ倉庫」は外せません。1階・1号館と2階・2号館の2つのレンガ造りの建物が立ち並ぶスポットで、レストランや雑貨屋さんが多く存在します。パンケーキが人気の「bills」や、ベッドでゆったりとリラックスしながら食事を楽しめる「chano-ma」など、カップルにも人気のお店が目白押しです。

毎年秋になるとオクトーバーフェストが開催され、大勢のお客さんがビール片手にイベントを楽しみます。12月のクリスマスマーケットでは、ライトアップされた巨大なクリスマスツリーが飾られます。

赤レンガ倉庫までは、地下鉄「桜木町駅」やJR「関内駅」からは徒歩で約15分の距離です。駅からはやや歩くことになりますが、周囲の街並みや景色を楽しみながら移動できるので退屈しません。真っ赤に塗られたレトロな「あかいくつ」と呼ばれるバスに乗れば、赤レンガ倉庫まで便利にアクセスできますよ。

住所:神奈川県横浜市新港1-1
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」「日本大通り駅」徒歩6分
営業時間:1号館 10:00~19:00/2号館 10:00~20:00
公式HP:https://www.yokohama-akarenga.jp/

4.横浜に住むならココ!おすすめエリア3選

観光スポットがたっぷりな横浜。「横浜に住みたい!」という方は、どのエリアでマンションやマイホームを探したらよいのでしょうか。
ここでは横浜のおすすめエリアをご紹介します。

4-1.天王町駅周辺

まずおすすめなのが、横浜市保土ヶ谷区にある相鉄線「天王町駅」周辺エリアです。横浜駅までは5分ほどなので都内へのアクセスも便利。格安で新鮮な食品を買える「松原商店街」があるのも大きな魅力ポイントです。

近くにオフィス街があることから、居酒屋やカフェも充実しています。また、大型スーパーのイオン天王町店や家電量販店もあるため、買い物には不便しない環境です。横浜駅周辺と比べると家賃相場も控えめで、割安な家賃で広い家に住めるエリアです。

4-2.白楽駅周辺

横浜市神奈川区の東急東横線「白楽駅」周辺も、横浜では屈指の住みよい街として知られています。付近には神奈川大学があるため若い学生が多く、買い物に便利な「六角橋商店街」もあります。

起伏に富んだ地形ですので、バイクや車があるとさらに便利に生活できるでしょう。学生が多いこともあって家賃相場は低めとなっており、生活コストを抑えられるのも大きなメリットです。

4-3.青葉台駅周辺

東急田園都市線の「青葉台駅」周辺は、横浜市青葉区にあるエリアです。急行停車駅のため都内へのアクセスに便利で、青葉台東急スクエアなど駅付近の施設も充実。自然が豊かで洗練された街並みなので、横浜市内でも人気の街となっています。

「Yaokuni Select」「富士ガーデン」といったスーパーが立ち並び、駅周辺で買い物を済ませられる環境なのも魅力のひとつです。ハイセンスなお店が多く、家賃相場も高めではありますが、庶民的なお店やリーズナブルなお部屋もあるので、工夫すれば生活コストが膨らむことはないでしょう。

横浜は魅力たっぷりの人気エリア!

住みたい街として横浜が人気の理由や、観光情報、おすすめのエリアについてご紹介してきました。横浜は買い物スポットや娯楽スポットが多く、住まいを構えるには絶好の場所だということがおわかりいただけたと思います。

数多くある観光名所の中でまだ訪れたことがないところがあるなら、ぜひ1度足を運んでみてください。きっと「この街に住んでみたい」という気持ちになるはずですよ。

まとめ

  • 「住みたい街ランキング2019」で横浜が2年連続首位を獲得!
  • 横浜の「おしゃれな街並み」と「便利な交通」が人気を博す理由
  • 横浜中華街、ランドマークタワー、赤レンガ倉庫が横浜を代表する観光スポット
  • 天王町駅、白楽駅などの周辺エリアが、住みやすくておすすめ
  • 横浜の魅力に触れて、気に入った街に足を運んでみよう