住宅ローンの頭金はいくら?その目安と必要性をありとなしで徹底比較

家を購入する場合は、住宅ローンでお金を借りて、頭金を用意するのが一般的です。
頭金を入れると後の返済が楽になることもあります。

では、頭金をいくら用意すればいいのでしょうか。
この記事では、住宅ローンの頭金について詳しく解説していきます。
家庭によっては、頭金を用意しなくてもいい場合があるので必見です。

1.そもそも住宅ローンの頭金とは

住宅ローンとは、家を購入するときに利用する「ローン」のひとつです。
そのローンを借りる前に自己資金で支払うお金が「頭金」です。
それでは、基本的な頭金の概念を説明します。

1-1.金融機関の借入額を減らすため

マイホームの購入資金には莫大なお金が必要なため、住宅ローンを組むのが一般的です。
金融機関から融資をしてもらう割合で、重要となるのが「頭金」ということになります。
一般的に頭金を用意すれば、金融機関からの借入額を減らすことが可能です。もし頭金を1円も用意することができない場合は、物件購入費を全額借り入れることになるため、その分は毎月の返済負担となります。
基本的には物件購入費に頭金を使用し、残額を借り入れるという形が理想です。

1-2.頭金はいつ支払うの?

不動産を購入する際、まずは「申し込み証拠金」を支払うことになります。
これは申込みの際に支払うお金ですが、別途費用ではなく契約後にそのまま頭金として充当される金額です。

「申し込み証拠金」に加えて頭金が用意できたら、購入の契約時から物件の引き渡しの時期までに支払うのが一般的です。
新築物件の購入であれば、施工完成までに数ヶ月、マンションなどの長期計画であれば、申し込みから約1年弱の時間的猶予があります。

2.気になる頭金の平均はいくら?

家を購入する際の頭金は、一体いくらくらい用意しておくのがよいのでしょうか。
ここでは、気になる頭金の平均額について解説します。

2-1.購入価格の1~2割ほど

頭金の適正額は、購入価格の1〜2割程度といわれています。
不動産購入というものは非常に高額な資金が必要になるため、全額を現金で支払える人は多くありません。

しかし、一般的に2割程度の頭金を用意しておけば、定年までにローンの完済が可能といわれています。
たとえば4000万の物件を購入する場合、400万~800万の頭金が目安ということになります。

2-1-1.頭金の平均額

国土交通省が行った「平成28年度住宅市場動向調査」から、頭金の平均額を物件別に紹介します。

物件種別

購入価格

自己資金

自己資金率

注文住宅(新築)

4,195万円

1,298万円

30.9%

分譲戸建住宅

3,810万円

1,027万円

26.9%

分譲マンション

4,423万円

1,729万円

39.1%

参考元:国土交通省「平成28年度住宅市場動向調査

この調査からみると頭金(自己資金)の割合が非常に高く見えますが、これにはシニア世代や、親からの贈与分が大きく関係しているようです。
実際に家を購入するのは30〜40代の人が多いため、そこから35年ローンを組むと定年後もローンの返済に追われる可能性があります。
そのため頭金をできるだけ用意し、返済期間を短くすることは、リスクの面から見ても検討しておくことをおすすめします。

2-2.その他諸経費が1割必要

不動産を購入する際には、物件購入費以外にも保証料や事務手数料などの諸経費が必要です。この諸費用は物件価格の3〜7%程度かかることになります。
場合によっては、それらの費用もローンに組み込むことができますが、その分返済額や返済期間の面で不利になってしまうことは否めません。
家を購入する際は、物件の頭金として1〜2割、諸経費として1割程度を用意しておくと安心です。 

3.頭金がある場合

頭金があれば多くのメリットを受けることができますが、デメリットも存在します。

3-1.メリット

頭金がある場合のメリットは、下記の通りです。

審査が通りやすくなる
頭金がある場合は、銀行などの金融機関の審査に通りやすくなるというメリットがあります。ローンの審査は一般的に当人の返済能力の有無が重視されるため、職業や収入(年収)、クレジットヒストリーが大きく影響します。
基本的に、借入額が大きくなればなるほど高い信用能力が要求されます。そのため、頭金によって借入額を減らすことで、審査基準が緩くなることを期待できます。
また、まとまった頭金を用意できるということは、それだけお金の管理に長けている証拠にもなるでしょう。その点も審査ではプラスに働く可能性があります。

●毎月の住宅ローン返済額を減らせる
頭金を用意することで、金融機関からの借入金額が少なくなり、毎月のローン返済額を減らすことができます。頭金の支払い額が高くなればなるほど、ローンの借入額をその分下げることができるため、結果的に返済負担を減らすことが可能です。

●借入額が少ないぶん利息も少なく済む
頭金を用意して借入金額を減らすことで、支払う利息額も少なくなります。住宅ローンを借りる場合は元金とは別に利息を支払う必要があるのですが、利息は元金に対する割合で計算されます。
すなわち、元金が少なければ少ないほど利息も少なくなり、支払い総額の負担を軽減することが可能です。

●返済期間を短縮させる
頭金を支払って借入額を少なくすることで、返済期間を短縮することもできます。早く返済すればその分利息額が減り、返済総額も少なくなります。
また、30〜40代で家を買う場合は、頭金を多く準備することで定年退職までに完済する目処を立てることが可能です。
さらに、返済期間が短くなればなるほど金利の変動リスクが減少するため、固定金利だけでなく変動金利を視野に入れることもできます。

●選べる物件の幅が広がる
頭金を用意することで、購入物件の選択の幅を広げることができます。単純に考えると、頭金を追加した分予算が増えることになるため、それだけ多くの物件を検討することができるようになります。

3-2.デメリット

一方、頭金を用意することによるデメリットも存在します。

●金利によっては頭金の払い過ぎは損
住宅ローンは一般的な借り入れより金利が低く抑えられているのが特徴です。そのため、金利によっては頭金を払いすぎると損になってしまうこともあります。
極端な例になるかもしれませんが、たとえば家を購入する際に頭金として貯金の全てを充当したものの、後からお金が入り用になってカードローンを組んだとします。
通常のカードローンより住宅ローンの方が金利が安いことが多いため、最初から住宅ローンの額を増やした方が得だったいうケースもあるかもしれません。
頭金を用意する際には、教育資金など後から必要になるお金を事前にシミュレーションしておくことが大事です。

●貯蓄が減るぶん家計を圧迫する可能性がある
頭金は基本的に貯金から算出することになるため、支払えば支払うほど家計の貯蓄額が減ることになります。貯蓄額が少なくなると、教育費や住宅の修繕費などいざという時の支出に対応できなくなることもあります。
頭金の支払い額は、将来必要になるであろう費用を考慮して判断することがポイントです。

3-3.こんな家庭におすすめ

下記の条件に当てはまる家庭は頭金を用意することをおすすめします。

  • 月収の大半が生活費に消えてしまう家庭
  • 今後大きな支出が予想される家庭

頭金を用意すればその分、月々の返済額を減らすことができます。住宅ローンの返済によって家計が圧迫されそうな場合は、相応の頭金を用意しておいた方がよいでしょう。

4.頭金がない場合

頭金がなくても住宅ローンを組むことができ物件の購入は可能です。
頭金がない場合についてのメリット・デメリットを解説します。

4-1.メリット

頭金がないことによるメリットは、下記の通りです。

10年間の住宅ローン控除制度
住宅ローンを借りると、住宅ローン控除という減税制度を活用することができます。控除額はローンの残高によって決められるため、借入額が多いほど恩恵を受けられることになります。具体的な金額や適用条件はケースによって異なるため、活用の際は事前に不動産担当者に聞いて確認しておくのがおすすめです。

●貯蓄が減らない
頭金をゼロにする場合は、貯蓄が減らないということもメリットです。
貯蓄があればいざという時に安心ですし、心のゆとりにも繋がることでしょう。

4-2.デメリット

一方、頭金がない場合のデメリットとしては、下記の通りです。

●総返済額が増える
頭金を用意しない場合、ローンの返済総額が増えることになります。借入額はもちろん、返済期間の長さによる利息の支払額も増えるため、トータルで見ると頭金以上の金額を支払うことが予測されます。

●毎月の返済額が高くなる
頭金なしの場合、毎月の返済額が高くなることもデメリットです。毎月の返済額が高くなってしまうと、家計を圧迫し今までしてきた生活を失うことにもなりかねません。
返済負担率をしっかりと考慮した上で、頭金の算出を行うことが大切です。

4-3.こんな家庭におすすめ

下記のような条件に当てはまる家庭であれば、頭金なしを検討してもよいでしょう。

  • 毎月の収入が安定している
  • 収入と生活費のバランスがしっかりとれている

収入が安定しており、かつ家計のバランスがとれている場合は多少返済額が高くなっても対応できる可能性が高いです。しかし、頭金を用意しないことによるリスクを、しっかりと把握した上で判断することをおすすめします。

頭金を支払った後のシミュレーションをしておこう

頭金を支払うか否かは、それぞれ家庭の事情と相談して決めることが重要です。頭金を支払うのであればいくら支払うのか、そして貯蓄が減った後の生活には問題ないかなどを、細かくシミュレーションする必要があります。

また、頭金を支払わない場合においても、その後の返済は可能か、突発的な事態に対応できるかなど、返済計画や資金計画を事前に立てておくことが重要です。
それぞれの家計の収支を比較検討して、総合的に判断することをおすすめします。

まとめ

  • 頭金を支払うことで、住宅ローンの借入額を減らせる
  • 借入金額を減らせれば、返済額や返済期間を減らせる
  • 毎月の収支が安定しない家庭は頭金を用意すべし
  • 収支のバランスがとれている家庭は頭金がなくてもよい
  • 住宅ローンを借り入れる際は、事前のシミュレーションが大事