ローコスト住宅の購入で後悔したくない方必見!失敗しないポイント

なるべく費用を抑えた家づくりがしたいと考えている人にとっては、ローコスト住宅は強い味方。しかし、「安いのには何かわけがあるのでは?」「メーカーの選び方がわからない……」と不安に感じる人も少なくありません。

この記事では、ローコスト住宅の購入で失敗しないポイントをご紹介します。
ローコスト住宅の購入で後悔しないために確認すべきことをチェックしましょう。

1.低予算の「ローコスト住宅」が叶う理由

大手ハウスメーカーが造る住宅の平均坪単価は、だいたい80万円台といわれています。一方、ローコスト住宅とは坪単価30~50万円ぐらいのものを指しています。なぜこんなに安く設定できるのか、その理由を見てみましょう。

1-1.材料価格を抑えている

ローコスト住宅が実現する理由としてまず挙げられるのが、家に使われる材料費を抑えているということです。これは単に贅沢な材料を使用しないということだけではなく、多くのローコスト住宅が「規格型住宅」であることから、低価格での建築が可能になります。

規格住宅とは、工務店やハウスメーカーが用意した、間取り、内装、外装、設備などの「規格」に従って建てる家のことです。規格といっても全て同じ家というわけではありません。ある程度の選択肢の中から選べることが多く、自由度はメーカーや商品によって異なります。

一方、規格住宅に対するものとしては「自由設計」の家があります。本来の自由設計は、建築家や設計事務所が施主のために一棟ずつ設計して建てる家のことで、間取りや使われる材料には規格住宅のような制限がありません。

規格住宅では、使われる材料やサイズがある程度決まっているため、大量製造や大量仕入れが可能です。例えば木材なら、使用するサイズで大量に製造することでコストが下がります。設備であれば、同じものを大量に仕入れることで、取引条件が良くなりコストダウンが図れます。

1-2.宣伝費用が必要最小限

住宅の建築費には、その家を造るための直接的な費用だけではなく、そのメーカーの間接的な費用も含まれています。間接的な費用の中でも、特にウェイトが大きいものが「広告宣伝費」です。

一部の例外を除くと、多くのローコスト住宅のメーカーは、広告宣伝費を必要最小限に抑えています。大手ハウスメーカーのように派手なテレビCMをしたり、豪華なカタログを作ったりしていません。住宅展示場に出展しない、モデルハウスを持たない会社もあります。

1-3.人件費を抑えている

ローコスト住宅の多くは規格住宅で、仕様もシンプルです。シンプルゆえに工期も短いことから、人件費も抑えられています。工場で加工されたプレカット材を使用し、現場での作業をなるべく減らすことで、現場での職人の人数が少なくてすみます。

2.ローコスト住宅の購入で後悔&失敗しないポイント

ブログ記事の体験談やWEBの掲示板などを見ると、ローコスト住宅を建てて「失敗した」「後悔した」という言葉を目にします。「安かろう悪かろう」の家づくりにならないように、ローコスト住宅の購入で後悔や失敗をしないポイントをご紹介します。

2-1.総合的な価格を計算する

「標準仕様に入っていないものが多く、オプションを追加したら最終的な価格はローコストにならなかった」
そんな事態を防ぐためにも、必要な仕様を含めた総合的な価格を計算することが大切です。標準仕様に含まれるものはメーカーによって違いがあります。

ただし、ハウスメーカーのなかには、必要な物をわざと見積外に記載するメーカーも存在します。表示されている価格の安さだけに惑わされず、なるべく仕様を揃えた状態で、相見積もりを取るなどして比較を行うのがベストです。価格比較が手間だと感じる方は、追加料金が発生しないローコスト住宅を選ぶという手もあります。

希望する仕様は、オプションではなく標準仕様に組み入れてあるメーカーを選ぶ方が、一般的には価格が安くなります。

2-2.家を建てる際の使用部材について調べておく

品質を落とさずに無駄を省くことでローコスト住宅を実現しているのか、材料の品質や断熱性などの性能を下げてローコストにしているかは大きな違いです。それを見抜くためには、家を建てる際に使われる材料を知っておく必要があります。

例えば、断熱材のグラスウールは、断熱性能により種類があり、どの種類を厚さ何ミリ入れるかで断熱性が違ってきます。複数のハウスメーカーの標準仕様をチェックしたり、専門家の書いた本を読んだりして情報を集め、営業マンから説明される仕様が本当に不足のないものなのかを確認しましょう。

2-3.ローコスト住宅メーカーを厳選する

高気密高断熱、長期優良住宅、ゼロエネルギー住宅、自然素材、デザインなど、ローコスト住宅メーカーにはさまざまな特徴と得意分野があります。自分の家づくりの優先順位に合った会社を選びましょう。

また、住宅メーカーとは建てた後も長い付き合いになります。アフターサービスや保証の期間や条件、メンテナンス体制なども大事なポイントです。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により「基本構造部」については、引き渡しから10年間の保証が義務付けられています。

しかし、「基本構造部」以外の欠陥や10年以降の保証は、住宅メーカーにより対応やサービスが異なります。
「最長30年保証」などとうたわれていても、実際はさまざまな条件がつけられている場合がありますので、費用なども含めてしっかり確認しましょう。

参考:「住宅の品質確保の促進等に関する法律」

3.建築費を抑える方法

適切なローコスト住宅の業者選びに加え、住宅の建築費を抑える基本的な方法も知っておきましょう。

3-1.シンプルな間取りが理想的

複雑な間取りよりも、シンプルで間仕切りの少ない間取りの方がローコストになります。使用する材料が少なくて済み、工期も短くなるためです。費用のことだけでなく、間仕切りの少ない家は換気もしやすく、採光も取りやすいというメリットがあります。

また、長年住むうちにライフスタイルや家族構成も変化してきます。シンプルでオープンな間取りの方が、変化にも対応しやすいでしょう。

間取りだけはなく、家の形もシンプルな方がローコストとなります。1階、2階が同じ形の総2階建てで単純な長方形の箱型の家は、新築時のコストが安いだけでなく、将来的なメンテナンス費用も安く抑えられる可能性が高いです。複雑な屋根の形状や外壁の凹凸は、建物の老朽化を早めるため注意が必要です。

3-2.水回りの設備位置をまとめる

トイレ、キッチン、お風呂などの水回りは一箇所にまとめ、なるべく1階に設けましょう。2階にトイレなどを設ける場合は、1階と位置を揃えておきます。バラバラの位置に設けると給水、給湯、排水などの配管が長くなるのでコストがかさみます。水回りを一箇所に集中させると、家事の動線も短くなるというメリットもあるのです。

トイレや洗面所の数は建築費アップに直結するため、将来的な家族構成も考えた上で、最小限に抑えるのがおすすめです。

3-3.追加のオプションを抑える

規格型住宅では、オプションを付けたり、規格外の選択をすると急に建築費が上がります。これは標準化することでローコスト化しているためです。絶対に必要なものかを見極め、優先順位を付けましょう。

また、本当に建築工事で追加しなければならないものかどうかも検討してください。
例えば、高いオプション代を払って納戸に棚などの造作収納を追加する替わりに、手持ちの収納家具を置くなどの方法で代替えできる場合もあります。

4.ローコスト住宅を建てるにあたって知っておきたい注意点

最後にローコスト住宅を建てる前に知っておきたい注意点を見てみましょう。

4-1.ローコスト住宅はほとんどが「規格型」

ローコスト住宅のほとんどが規格型です。「自由設計」をうたうローコスト住宅メーカーもありますが、実際は「選択の自由度が高いだけ」というケースが多いのです。

ハウスメーカーや工務店を選択する際は、自分の希望する家が、そのメーカーの「規格」の中で実現可能かどうかを見極めましょう。

特に注意が必要なのは、規格プランで対応がしにくい変形敷地などの場合です。無理に敷地に当てはめようとすると変更やオプションで思いのほか高額になってしまい、ローコスト住宅のメリットが生きない場合があります。

4-2.職人の技術に差がある

広域で展開しているハウスメーカーでは、本部で企画や資材調達などを行い、「実際の物件の営業や施工は、地域の工務店や施工業者にお任せ」というシステムにしているところが多くあります。

さらに工務店は、複数の下請けの協力業者や職人チームを抱えているのが一般的です。同じブランドの住宅といっても、実際に建てる人の技術レベルには差があることが多いでしょう。本部で十分な品質コントロールができていない場合などは、家の品質が職人の技術に大きく左右されます。自分の家を担当する会社が建てた家や建築現場を、事前に見学しておくことがおすすめです。

4-3.予算に余裕をもたせる

予定外のことに備えて、余裕を持った予算を立てておくことも大事です。「含まれていると思っていたものが含まれていなかった」「イメージと違った」など、契約の後に気がつくこともあります。

ローコスト住宅の場合は、ギリギリの価格設定になっています。
大手ビルダーにもいえることですが、小さな変更でも追加費用が必要となる場合が多いので、建築にかけられる費用の10%ぐらいは予備費として考えておきましょう。

質の高いローコスト住宅を建てよう

ローコスト住宅を選ぶときは、どうしても価格の魅力に目を奪われがちです。しかし、住宅は建てて終わりではありません。

例えば、断熱性能の劣った家を建てれば、高い光熱費を何十年も支払うことになりますし、暑さや寒さで健康を害することもあるかもしれません。信頼できるハウスメーカーを厳選し、自分に不要な仕様や無駄を省いたローコスト住宅を建てましょう。

まとめ

  • ローコストにできる理由は材料費、広告宣伝費、人件費などの削減
  • トータルコストや使用材料を比較して、適切なメーカーや工務店を選
  • 「シンプルな間取り」「水回りをまとめる」など基本的なローコストの手法も知っておく
  • ローコスト住宅の特徴をふまえ、余裕を持った予算を立てる