一戸建て購入は新築と中古どっちが良い?メリット・デメリットを比較

「自分の家(一戸建て)が欲しい」
そう考えた時にとれる選択肢は「新築」か「中古」、この2つです。

恐らく中古より新築が良いと考えている方が多いのではないでしょうか。
ところが、家というのは不思議なもので、中古であっても新築を上回るメリットがあったりもします。

今回は、そんな「住宅における新築と中古どちらが良いか?」について、詳しく解説していきます。

1.新築と中古の定義

新築は、「未使用かつ施工後1年未満」である物件を指します。これは、住宅の品質確保の促進などに関する法律により正式に定義されています。

一方、中古は「使用済み物件」の総称です。
こちらは法律によって定義されたものではありません。

ちなみに施工後1年以上かつ未使用のものは「新築未入居物件又は未入居戸建て」と呼びます。

1-1.新築の種類

新築は主に、注文住宅と建売住宅の2種類があります。

1-1-1.注文住宅

注文住宅のメリットとしては、理想に近い家を作ることができるという点です。細かい間取りやこだわりの素材、さらにオリジナルのアイデアを取り入れてもらうならば、注文住宅が適しています。

デメリットは、打ち合わせに膨大な時間がかかる点とこだわりにより追加費用があるため、最終的な金額がかさむ傾向にあることです。

1-1-2.建売住宅

建売住宅のメリットは、マンションを買うのと同じように家の構造や雰囲気を見てから購入することができる点です。また、手続きが簡単で打ち合わせをする必要がほぼないため、注文住宅よりは時間がかかりません。

さらに注文住宅のように、いつの間にか費用が膨大になってしまうこともないため、費用面が明確な点や、同じ間取りで比べた場合、建売住宅の方が安くなるのもメリットです。

デメリットは、自分の理想としていた完璧な住宅ではなく、妥協しなければならない点が出てくることでしょう。

1-2.「新築未入居物件」は中古に分類される

先ほど軽く触れましたが、新築で施工完了から1年以上経ったものは、「新築未入居物件」と呼ばれます。この新築未入居物件は、分類上では「中古住宅」となります。

車でいうところの新古車と似たような扱いですね。実際には誰か入居者がいたわけではないのですが、1年以上経っているので新築ともいえないのです。

価格が安くなっている上に未入居なので、中古感はありません。ただ、新築で得られる住宅減税が受けられないといったデメリットも存在します。

しかし、この「新築未入居物件」は、新築同等の家を安く買えるという点においては総合的にお得といえます。もし良い物件があれば、検討しておいて損はありません。

2.新築と中古の違い

一戸建ての購入を検討するにあたり、新築と中古の違いを知ることは重要です。
主な違いについて解説していきます。

2-1.物件の探し方

一般的に多くの物件は 、情報誌やインターネットに情報が公開されています。
新築建売では、物件そのものを見学することができるため、詳細な構造や工法も確認が可能です。

注文住宅の場合は、モデルルームを見学できるのが一般的です。ただし、実際に購入する住宅は違うので、間取りなどが違うケースもあるため注意が必要です。

中古の場合は、不動産仲介業者が情報を熟知しているため、依頼すれば自分で探すよりも早く物件を探すことができます。ほとんどの物件を、目で見て触って体感ができるといった強みがあります。
ただし、年数によっては、建物資料が紛失している可能性もあり、詳細が把握できないこともあるため注意が必要です。

2-2.物件が多いエリアが異なる

物件探しをしていると、同じようなエリアに物件が固まっているケースがあります。
新築が多く見られるエリアは、新興住宅地と呼ばれており、発展途上の地域になります。
市町村が区画整理事業としていることが考えられ、将来的に公園や保育園・病院などさまざまな施設の建設が期待できます。

逆に中古物件が多いエリアはすでにインフラが整っており、住みやすさにおいては新興住宅地を上回る傾向にあります。ただし、都心部に近くても交通の便が悪いなどの理由から、住民が出ていった地域もあるため、新築物件と比較し、よく検討することが大切です。

3.一戸建ての新築と中古のメリット・デメリットを比較

一戸建ての新築と中古のメリット・デメリットを比較していきましょう。

3-1.新築

新築住宅のメリット

新築住宅のデメリット

建物が新しい、清潔

物件価格が中古に比べるとが高くなる傾向がある

住宅性能、設備が最新

求める物件が希望エリアにない 可能性が高い

住宅減税など税金が安くなる

新築を購入した満足感、達成感がある

未完成売りの場合、実物が見れない

中古より愛着が湧きやすい

入居してみてイメージが違うことも多い

設備故障などのトラブルが起きにくい

郊外に建てることになりやすい

保証期間が10年間と長い

付帯設備を揃えるための費用がかかる

3-2.中古

中古住宅のメリット

中古住宅のデメリット

新築より価格が安い

(3~5割以下も珍しくない)

維持費用が新築より高い

(家具・設備の新調など)

既に実物があるので検討しやすい

保証期間が短い(ない場合もある)

リフォーム・リノベーションにより、新築と同等の住環境に変更可能

生活感があり新築より清潔とは言いづらい

家具や設備が残っていることがある

仲介手数料がかかる
売主物件の場合はかかりません。

中古特有の経年変化による「味わい」がある

売主が個人の場合、住宅ローン控除が少なくなる

新築と同じ予算で高グレードの住宅を購入できる

構造上の欠陥を調査するためなどに費用又は手間がかかる

希望エリアと合致する可能性が高い

修繕費用が高くなる可能性がある

4.一戸建ての購入費用がお得なのはどっち?

実は新築と中古では、建物代金以外にも購入するための費用が変わってきます。では、具体的にどういった違いが出てくるのか、新築・中古それぞれ表で見ていきましょう。

新築の購入費用

■中古の購入費用

4-1.消費税が掛かるのは新築物件

新築物件の場合、建物分の価格に対して消費税が掛けられます。
土地代は非課税です。
規定されている条件を満たしていれば、住宅ローン減税やすまい給付金などを利用して、減税することができるため、軽減措置を取ることで負担を軽くすることが可能です。

4-2.住居費は新築の方が安い

家を買った場合、毎年固定資産税・都市計画税が掛かります。この2つの金額は土地と建物の評価額に応じて変わり、その評価は3年ごとに行われます。

一般的な減価償却の考え方と同様に、建物は年数が古くなればその評価額が少なくなる傾向にあります。

しかし新築一戸建ての場合は、課税された年から3年間も固定資産税額の軽減が行われるため、住居費は新築の方が安くなるのが一般的です。

4-3.総合的には中古の方が安い

エリアや広さが同じ場合、どちらが安くなるのかといえば、総合的に見ると「中古」の方が安くなります。

ただし、築年が新しかったり、駅前などの好立地だったりすると、郊外の新築よりも金額が高くなってしまうこともあります。

全く同じ条件ならば、中古を選択することで費用を抑えられますが、郊外の新築も捨てがたいという場合は、ライフプランに合わせて両方を検討してみるのがおすすめです。

新築も中古も客観的な視点で比較検討することが大事

「新築」も「中古」どちらが良いかは、昔からさんざん議論されている問題です。現在、少子化の影響 で中古住宅が買い手市場となっています。

肝心なのは、客観的な視点で物件の状態と費用を見極めることです。同じ予算内でもできることはかなり変わってきます。

土地・建物・設備など優先度をつけていき、妥協できる点、できない点を整理していくと、自身の状況に適した住宅が見えてくるのではないでしょうか。

家は、一生で一度の買い物と言っても過言ではありません。
ぜひ、客観的な視点で比較検討を行ってみてください。

 IE TOKU
IE TOKU
https://minoru-ie.jp/media/home1904/
マイホーム購入を検討している人の為の、住まいとお金の教科書

まとめ

  • 新築住宅は価格が高い傾向にあるが、最新の住環境が手に入る
  • 中古住宅は新築よりも価格が安い分、老朽化に伴い維持費用が高い
  • 新築住宅は建物価格に消費税が掛かる
  • 総合的に計算すると新築より中古のほうが安い
  • 中古でも条件が良いと新築より高くなることもある
  • 自身のライフプランに合わせて新築か中古かと比較検討することが大事